家庭用脱毛機の種類別メリットとデメリット

###Site Name###

家庭用の脱毛機は、主に光を照射するタイプと、レーザーで毛根にダメージを与える二種類があります。

それぞれにメリットとデメリットが存在しますから、違いを比べて選ぶことが必要です。

レーザータイプは、我慢できる程度の痛みこそありますが、脱毛期間は半年未満と短く済むのがメリットです。

更に、価格的に手頃ですから、初めて脱毛機を選んだり試してみたいという人に最適です。



痛みの感じ方は個人差が大きいので、デメリットと捉えるかどうかは、人それぞれ違うでしょう。


また、使っている間に慣れることもありますから、痛みを感じるからといって、直ぐに脱毛機の良し悪しを判断しないことが大切です。

レーザーは特性上、部分的な脱毛に適しているので、広範囲をムダ毛処理したい場合は光の方が向いています。
一方で、光の照射で脱毛を行うタイプは、ムダ毛処理に1年ほどの時間こそ掛かりますが、痛みは殆どないので人気があります。



価格はレーザータイプよりも高めですが、痛みの感じにくさに優位性があるので、従来の脱毛機を苦手としている人におすすめです。

使い心地の良さに加えて、レーザーよりも広い範囲を一度に処理できる、というメリットもありますから、処理に必要な期間や価格が気にならなければ、使いやすい家庭用の脱毛機となるでしょう。
家庭用は使いたい時に使えるので、気兼ねせずにムダ毛処理ができますし、何度でも使えて経済性が優れています。

多少の痛みと引き換えに高い効果が得られたり、時間が掛る代わりに痛みが少ないなど、タイプによって一長一短がありますから、違いを知って自分に合う物を見付けるのがポイントです。